ここから本文です

川崎破り、勢い取り戻した鳥栖 あす20日・敵地で磐田戦

佐賀新聞 8月19日(金)12時27分配信

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第2ステージ第9節の20日午後7時から、静岡県磐田市のヤマハスタジアムでジュビロ磐田と対戦する。前節、年間首位の川崎を破って勢いを取り戻した鳥栖。ステージ優勝争いへの生き残りを懸けて、負けられない戦いが続く。

 鳥栖は第2ステージ5勝2分け1敗(勝ち点17)の4位。前節の川崎戦は、MF金民友(キム・ミヌ)の得点を守り抜いて1-0で完封勝利、年間順位を一つ上げて10位に浮上した。

 G大阪戦での悔しい逆転負けを教訓に、リーグトップの攻撃力を誇る川崎FW陣を抑えきった。DFキム・ミンヒョクは「プロ3年目でようやく川崎に勝てた。無失点は自信につながる」と胸を張る。

 磐田は第2ステージ4分け4敗(勝ち点4)の16位。前節はG大阪に2失点して0-2で敗戦、3連敗で年間順位も13位となっている。

 ただ第1ステージの対戦で鳥栖は、終了間際にセットプレーのこぼれ球を押し込まれて0-1で惜敗している。川崎戦では高い集中力を保って無失点に切りぬけたが、MF早坂は「それをしっかり継続できるかが鍵」と言い切る。

 16日には日本代表のGKコーチが練習を視察。GK林は9月に始まるW杯アジア最終予選のメンバー入りへのモチベーションも高める。だが「代表のためだけにやっているわけではない」と強調。ステージ優勝に向けて大事な一戦に「あまり意識しすぎると硬くなる。一戦一戦だけを考えてプレーしたい」と意気込む。

最終更新:8月19日(金)12時27分

佐賀新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。