ここから本文です

世界少年野球 各国の子どもたちを歓迎/富山

チューリップテレビ 8月19日(金)9時40分配信

野球で国際交流です。

 県内初開催の世界少年野球大会が19日の開幕を前に各国の参加者を歓迎するパーティが高岡市で開かれました。
 世界少年野球大会は、ホームランバッターとして活躍した王貞治(おう・さだはる)さんらが中心となって野球の普及や国際交流を目的にはじめたもので、県内では初めての開催となります。
 今年の大会には、15の国と地域から335人が参加します。

 18日行われたウェルカムパーティでは会長を務める王貞治さんが「野球を通じて交流を深めてください」と選手らを激励しました。
 選手らは、早速、会話をしながら親睦を深めていました。
 大会は、19日から今月25日までで県西部6つの市で野球教室や交流試合が行われるほか、五箇山の合掌集落など県内の観光名所もめぐります。

チューリップテレビ

最終更新:8月19日(金)9時40分

チューリップテレビ