ここから本文です

上履きを買うために売春した少女。貧困や性的虐待、中高生を追い込んだ現実

BuzzFeed Japan 8/19(金) 17:00配信

「売春する中高生について、どんなイメージを持っていますか」。展覧会の入り口に掲げられている質問に、ドキッとする。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

売春、レイプ、虐待、暴力……。少女たちが自らの「今まで」をしたためた手記や、その体験を再現した写真が並ぶ「私たちは、『買われた』展」。

そうせざるを得ない状況に追い込まれてしまった彼女たちの、心の底からの叫び声が聞こえる。

展示されている写真は、個人が特定されないように顔を隠している。

その上で、彼女たちは自分の体験や思いを記している。

「受け取った5千円で、上履きや文房具を買った」(15歳・中学生)

「中2から高2まで、叔父から性的虐待を受け、妊娠した」(18歳)

「小6で売春した。初回は5万円。母親に、『安いね』と言われた」(18歳)

「助けてくれる人は、買春者しかいないと思っていた」(21歳)

20歳のある女性は、家族から性的虐待を受け、16歳で売春を始めた。

手首にはリストカットの傷が無数に残る。

それでもこの団体と出会い、成人するまで「生きてきた証」として、振袖姿の写真を撮影したという。

母親の彼氏からの暴力から逃げようと家を飛び出し、街を放浪した15歳の少女。

一段と冷え込む冬の夜、暖を求め、自動販売機に触れているところを再現した。

少女は、自らの経験をこう記している。

”見知らぬ男に『どうしたの?』と声をかけられた。男はコンビニで、おにぎりを買ってくれた。コンビニを出ると手をつないできて、自宅に連れて行かれた。抵抗したら殴られると思って、体が固まった。家に帰られないとき、頼れるのは声をかけてくる男の人たちだけだった”

「大人に言われて嫌だった言葉」という展示のインパクトは、大きい。

「産まなきゃよかった」「俺の子じゃない」「黙れ」「迷惑だ」「殺すぞ」「死ね」「めんどくさい」「帰って来るな」「出てけ」

見ているこちらが息苦しくなるような言葉が、彼女たち自身の手によって、書き込まれている。

展示に参加したのは、北海道から九州まで14~26歳の24人。

彼女たちとともに展覧会を主催したのは、一般社団法人「Colabo」。中高生世代を中心にした女性の支援活動をしており、この24人も支援を受けている。

代表の仁藤夢乃さん(26)は言う。
「社会はこれまで、こういう状況にいる子に対して、目を向けてこなかった」

企画のきっかけは昨年10月。インドネシア人慰安婦に関する写真展を、支援している女子たちと見に行ったときのことだった。

「伝えるのはすごいこと。自分たちの経験を、伝えたい」

ポートレイトから伝わるおばあさんたちの眼差し、そしてその体験を語る姿に感動した数人が、自らも同じように発信したいと、動き始めたのだという。

少女たちはミーティングを重ねた。「売ったっていうよりも、買われたって感覚だよね」。そんな一言から、展覧会のタイトルも決まった。製作中、記憶がフラッシュバックして、具合が悪くなってしまう子もいた。

仁藤さんはこんな経験をしたことがある。昨年9月、とある地方の大学で講演したときの出来事だ。

「売春している中高生をどう思うか」と問うと、こんな答えが返ってきた。

「快楽のため」「遊ぶ金がほしいから」「信じられない」「自分が弱いから」

学生たちには横に、当事者だった20代の女性がいることを知らせていなかった。

彼女は小学生時代に性的虐待を受け、家出した。買われた経験もある。自分から積極的に売春をしていたかのような言葉を受け、仁藤さんにこう言ったという。

「そんなもんだよ。世の中の理解なんて。もう、傷つけられなくなった」

今回の展覧会を通じ、そういったイメージを変えられればと願う。

「彼女たちは、貧困だったり、虐待を受けていたり、売春せざるを得ない状況で生きてきた。抵抗できなかった子もいる。言いなりになることで、命を守ろうとした子もいます。その一方には、気軽に少女を買うの男性の存在がある」

「援助交際という言葉で、児童売春が大人からの『援助』であると語られている。でも、援助でも交際でもない。それは、支配と暴力の関係です。お金を払うことで、暴力を正当化する人もいます。外傷は1ヶ月で治るかもしれないけれど、心の傷は一生ものなんです」

1/2ページ

最終更新:8/19(金) 17:45

BuzzFeed Japan

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。