ここから本文です

【MLB】ダルビッシュを攻守で支える賢妻ルクロイ サポートの合い言葉は「KISS」

Full-Count 8月19日(金)8時38分配信

ダルビッシュが登板した最近3試合は14打数7安打、3本塁打、9打点の活躍

 17日(日本時間18日)アスレチックス戦で4勝目(3敗)を挙げたレンジャーズのダルビッシュ有投手。右ひじ靱帯再建手術から復帰後最長となる8回途中まで投げて、9奪三振2失点に抑える投球で、2012年以来勝ち星がなかった天敵アスレチックスを下した。

ダルビッシュ有のNPB・MLBでの年度別通算成績

 最近は6試合連続でクオリティスタート(6回以上を投げて自責点3以下)を続けるなど、安定した投球が光るが、このうち4回でマスクをかぶっているのが、8月1日のトレード期限にブルワーズから移籍してきたジョナサン・ルクロイ捕手だ。このルクロイ、捕手としてだけではなく、バッティングでもダルビッシュの勝利を支えている。そんな新女房の働きぶりを地元紙「ダラス・モーニングニュース」電子版が伝えている。

 まずは打撃面から。先日のアスレチックス戦では、同点ソロ弾を含む2安打3打点を挙げ、ダルビッシュをサポート。その前の12日(同13日)タイガース戦では2本塁打を放っていた。記事によれば、ダルビッシュと組んだ最近3試合を見てみると、ルクロイの打撃成績は14打数7安打、3本塁打、9打点という活躍。これまで打点の援護がないとされていたダルビッシュを救っている。

 さらに、リード面でも絶大な効果を発揮していることが一目瞭然だ。記事では、17日現在の成績として、ルクロイが先発した12試合で、レンジャーズは8勝4敗の好成績を収めていると指摘。ルクロイが先発した試合では投手陣は防御率2.92なのに対して、他の捕手が先発した時は4.43だという。

難しく考えずに、投手が持つ長所を伸ばすアプローチ

 ダルビッシュも初めて組んだ2日(同3日)オリオールズ戦で、ルクロイのサインに首を振った3球をいずれも本塁打され「次回はもっと信用するべきだと思う」と発言。以来、フォーシームやツーシームでストライクゾーンを攻める投球スタイルが目立つようになり、ルクロイと組んだ4試合では防御率2.33の安定感を見せる。

 ルクロイが投手陣をサポートする際のモットーがあるそうだ。それは「KISS」。もちろん、いわゆるキスではなく「Keep It Simple, Stupid(難しく考えるな、オバカさん)」の頭文字を取ったもので、難しく考えずに、投手の持っている長所を積極的に使って伸ばしていく、ということ。ダルビッシュと組んで、その長所は速球にあると見たルクロイは、そこから速球を中心とした変化球に頼り過ぎない配球にしているという。

 そんな新女房のアプローチにダルビッシュも同意。記事によれば「ルクロイとは、いつも同じ意見なので、とてもやりやすい。練習も準備も本当に一生懸命やる人だから、僕も自信が持てる。本当に信用しています」と通訳を介して話したそうだ。

 新女房の「KISS」によって支えられるダルビッシュ。今後の活躍にも大きな期待が持てる。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月19日(金)8時57分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]