ここから本文です

児童養護施設にタイガーマスク登場 「1秒1秒元気に生きて」

上毛新聞 8月19日(金)6時0分配信

 プロレスの初代タイガーマスク、佐山聡さん(58)が18日、群馬県前橋市内で開かれた児童養護施設の交流ソフトボール大会にサプライズゲストとして登場し、子どもたちに「みんなをこれからも見守り、応援していく」と熱いエールを送った。

 佐山さんは、全国の子どもを支援する「初代タイガーマスク基金」の理事長を務めている。同団体理事で「伊達直人」を名乗る前橋市在住の男性(43)の仲介で来県した。

 大会には県内9施設が参加。開会式で、佐山さんは「私たちも伊達直人も君たちを一生応援していく。1秒1秒を元気に生きて、これからも頑張ってほしい」と呼び掛けた。佐山さんは始球式の投手を務めたほか、写真撮影に快く応じて会場を盛り上げた。

 同市在住の男性は、プロレス漫画の主人公の名を借りて寄付活動をする「タイガーマスク運動」の先駆けとなった人物。同団体は訪問活動に力を入れる方針で、男性は「施設職員への感謝を忘れず、子どもたちを励ます活動を継続したい」と話した。

最終更新:8月19日(金)6時0分

上毛新聞