ここから本文です

中国鋼材市況、10月まで上昇機運

日刊産業新聞 8/19(金) 12:14配信

 中国の鋼材市況が秋の需要期の9―10月まで上昇機運を保つ見通しが強まってきた。中央政府は16日に能力削減に向けた製鉄所の査察を全国で行うことを決定。浙江省杭州でのG20首脳会議が9月に控えるなど政府の環境対策強化で減産が進む見込み。赤字が続いた鉄鋼企業は黒字化必達のため、鋼材価格の改善を継続する。一方で鉄鋼需要は減少傾向にあり、粗鋼生産が7月に減速したものの過剰供給は変わらず、11月以降に鋼材市況が変調をきたす可能性はある。

最終更新:8/19(金) 12:14

日刊産業新聞