ここから本文です

音楽家・守尾崇が語る「ミュージシャンズハッカソン」と、90年代~現在の音楽制作における変化

SENSORS 8月19日(金)18時0分配信

7月16日(土)~17(日)に開催された「MUSICIANS HACKATHON 2016 by Mashup Awards」(以下「ミュージシャンズハッカソン」)。アーティストや音楽プロデューサーがチームに加わるというハッカソンだ。このハッカソンに参加した音楽家・マニピュレーター 守尾崇氏に、参加しての感想やご自身のキャリアを踏まえた音楽制作の環境の変化について伺った。

【画像 4枚】「音楽家・守尾崇が語る「ミュージシャンズハッカソン」と、90年代~現在の音楽制作における変化」記事画像一覧

守尾氏はYAHAMAでのシンセサイザーの開発・音色制作に関わったのち、TRF(当時trf)の全国ツアーへのキーボーディストとしての参加をきっかけに、J-POP界へ。ケツメイシ、安室奈美恵、BoAなど様々なアーティストのトラック・ライブなどに携わる傍ら、WebやCM音楽にも参画。幅広い経験を経てきた守尾氏が感じた「ミュージシャンズハッカソン」の感想や、音楽制作環境の変化とは。

■Facebookで「共通の友人」が誰もいなかった方々と組むのは面白かった

--まずは「ミュージシャンズハッカソン」の感想についてお聞かせ下さい。

守尾:最初はどうなるのかな、何が出来るのかなと不安もありましたが、終わってみるとむしろもっと長く時間をかけて開発したいくらいでした。今回は歌詞をテーマにしたプロトタイプを作りました。根本は鼻歌に歌詞を付けたい時に、例えば特定のアーティスト風の歌詞にしたいと設定すると、そのアーティストの歌詞のデータベースからテーマや文字数に合わせて言葉を選んでくれるという内容なんですが、今回はそれをわかりやすく見せるため携帯電話上でのレトロな音ゲーにしました。
僕のチームには企画やデザインが出来る人が一人、プログラマーが二人、歌詞が得意な人が一人、とチーム的にもバランスが良かったですね。チームが決まったあとやり取りするためにFacebookを申請する時、今の時代大体共通の友人が一人はいたりするじゃないですか。ただ今回は誰も共通の友人がいない方もいて。それだけ別のジャンルの方々だなと思いましたし、そういった方々と組んでやるのは面白かったですね。 一方で若い頃YAMAHAさんの仕事をしていた時に開発にも関わっていたので、エンジニアさんとのやり取りはその時やっていたことにも近いなと感じました。

--元々音楽業界入りは、YAHAMAでのお仕事がきっかけなのですか?

守尾:若い頃からバンドをやっていて、YMOを聴いてシンセサイザーに目覚めて。高校卒業後に楽器屋でアルバイトをしていた時に、その楽器屋さんがYAHAMAさんを紹介してくれたんです。そこからはデモ演奏や、開発に携わったり、プロトタイプに意見したり、どういう楽器や音が欲しいか提案したり、プリセット音色の開発やプリセットの楽曲を書いたり。浅倉大介くんが同い年でちょうど同時期に一緒に仕事をしていました。
YAHAMAさんがEOSという小室哲哉さんプロデュースのシンセサイザーを出したことがきっかけで小室さんと出会い、「trfのツアーをやるから守尾くん鍵盤弾いてよ」と声がかかり(1994年「BILLIONAIRE」ツアー)、アーティストさんとのお仕事が増え、今に至るという感じです。

1/4ページ

最終更新:8月19日(金)18時0分

SENSORS