ここから本文です

杉田祐一、格上ラオニチに善戦もフルセットで3回戦敗退<男子テニス>

tennis365.net 8/19(金) 7:53配信

W&Sオープン

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は18日、シングルス3回戦が行われ、予選を勝ち抜いた世界ランク102位の杉田祐一(日本)は第4シードのM・ラオニチ(カナダ)に1-6, 6-3, 1-6のフルセットで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

この試合、第1セットを落とした杉田は、第2セットに入るとラオニチに1度もブレークチャンスを与えないサービスゲームを展開。さらに1ブレークに成功して、ファイナルセットへ持ち込んだ。

しかし、ファイナルセットの序盤でブレークを許すと流れはラオニチに傾き、1時間34分で力尽きた。

今大会は1回戦で19歳のA・ズベレフ(ドイツ)、2回戦でN・マウー(フランス)を破り、ラオニチとの3回戦へ駒を進めていた。

ラオニチは、2011年の楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード、ATP500)1回戦に続き、杉田に2連勝とした。

準々決勝では、第8シードのD・ティエム(オーストリア)と第9シードのG・モンフィス(フランス)の勝者と対戦する。

今年7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で、ラオニチは四大大会初の決勝進出を果たしたが、地元のA・マレー(英国)にストレートで敗れ準優勝に終わった。

また、同日には第5シードの錦織圭(日本)も3回戦に登場したが、世界ランク21位のB・トミック(オーストラリア)にストレートで敗れ、ベスト8進出を逃した。

tennis365.net

最終更新:8/19(金) 7:53

tennis365.net