ここから本文です

杉田祐一、格上ラオニチに善戦もフルセットで3回戦敗退<男子テニス>

tennis365.net 8月19日(金)7時53分配信

W&Sオープン

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は18日、シングルス3回戦が行われ、予選を勝ち抜いた世界ランク102位の杉田祐一(日本)は第4シードのM・ラオニチ(カナダ)に1-6, 6-3, 1-6のフルセットで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

この試合、第1セットを落とした杉田は、第2セットに入るとラオニチに1度もブレークチャンスを与えないサービスゲームを展開。さらに1ブレークに成功して、ファイナルセットへ持ち込んだ。

しかし、ファイナルセットの序盤でブレークを許すと流れはラオニチに傾き、1時間34分で力尽きた。

今大会は1回戦で19歳のA・ズベレフ(ドイツ)、2回戦でN・マウー(フランス)を破り、ラオニチとの3回戦へ駒を進めていた。

ラオニチは、2011年の楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード、ATP500)1回戦に続き、杉田に2連勝とした。

準々決勝では、第8シードのD・ティエム(オーストリア)と第9シードのG・モンフィス(フランス)の勝者と対戦する。

今年7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で、ラオニチは四大大会初の決勝進出を果たしたが、地元のA・マレー(英国)にストレートで敗れ準優勝に終わった。

また、同日には第5シードの錦織圭(日本)も3回戦に登場したが、世界ランク21位のB・トミック(オーストラリア)にストレートで敗れ、ベスト8進出を逃した。

tennis365.net

最終更新:8月19日(金)7時53分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]