ここから本文です

トルコ東部の警察本部で自動車爆弾が爆発、3人死亡 120人負傷

AFPBB News 8月19日(金)8時36分配信

(c)AFPBB News

【8月19日 AFP】トルコ東部エラズー(Elazig)の警察本部で18日、自動車爆弾が爆発し、これまでに少なくとも3人が死亡、120人が負傷した。地元治安当局筋が述べた。

 爆発があったのは4階建ての建物の庭部分。フィキリ・ウシュク(Fikri Isik)国防相は半国営のアナトリア(Anadolu)通信に対し、クルド人武装組織「クルド労働者党(PKK)」の犯行だと語った。

 7月15日の軍の一部勢力によるクーデター未遂以降、PKKは攻撃を続けている。15日にはディヤルバクル(Diyarbakir)から南東に通じる高速道路沿いの警察施設で自動車爆弾が爆発し、警察官5人と民間人3人の計8人が死亡。17日夜には同国東部バン(Van)で攻撃があり、警察官2人と民間人1人が死亡した。(c)AFPBB News

最終更新:8月19日(金)8時36分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。