ここから本文です

暴露。クリステン・スチュワート、「ロバート・パティンソンとの交際は売り物だった」

ELLE ONLINE 8月19日(金)21時46分配信

映画『トワイライト』での共演がきっかけで交際を始めたクリステン・スチュワートとロバート・パティンソン。劇中でもプライベートでも恋人だった2人に、マスコミもファンも大熱狂だった頃を覚えている人も多いはず。どうやらそれが2人の関係に影響を及ぼしたよう。クリステン曰く「みんなは私とロバートの交際を強く望んでいた。そのせいで私たちの関係は売り物になってしまった」とか。「リアルな生活ではなかった。それが気持ち悪くて胸がムカついた」「娯楽的な価値のために作られたストーリーの一部になるのが嫌だった」とも。

結局2人はクリステンが『スノーホワイト』の監督ルパート・サンダースと不倫騒ぎを起こしたことがきっかけで破局してしまったけれど、当時を振り返ってクリステンは「あの嵐を経験したことで成長した」「騒ぎのせいで強くなったとかたくましくなったとかそういうことではないの。騒ぎのせいで人間になれたと思う」。

確かに人間味に溢れたコメントではあるけれど“ロブステン”ファンが聞いたらショックを受けそう。そういえば最近姿を見かけないロバートの意見も聞いてみたい。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:8月19日(金)21時46分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。