ここから本文です

藤子Fアニメ5曲を発車メロディーに一挙導入 南武線2駅で9月3日から

乗りものニュース 8/19(金) 12:05配信

藤子Fミュージアム開館5周年にあわせ変更

 川崎市は2016年8月16日(火)、JR東日本 横浜支社と連携し、南武線の登戸駅(川崎市多摩区)と宿河原駅(同)の発車メロディーを藤子・F・不二雄作品のアニメソングに変更すると発表しました。

どうかわる?東京付近 私鉄大規模工事一覧

「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」(川崎市多摩区)が今年9月3日(土)に開館5周年を迎えることを記念し、同日からミュージアムに近いJR登戸駅と宿河原駅に導入されます。発車メロディー5曲の同時変更は、JR東日本管内の駅では初めてとのこと。ちなみに9月3日はドラえもんの誕生日でもあります。

 JR登戸駅は、1番線がアニメ『ドラえもん』の『ぼくドラえもん』、2番線がアニメ『パーマン』の『きてよパーマン』、3番線が『ドラえもんのうた』です。

 宿河原駅は、1番線がアニメ『キテレツ大百科』の『すいみん不足』、2番線が現在のアニメ『ドラえもん』で使用されている『夢をかなえてドラえもん』です。

 なお、ミュージアムから同様に近い小田急線の登戸駅では現在、『夢をかなえてドラえもん』と『きてよパーマン』が、向ヶ丘遊園駅(川崎市多摩区)では『ドラえもんのうた』と『はじめてのチュウ』が接近メロディーとしてそれぞれ使用されています。同じ曲目の場合、異なるフレーズを使用するとしています。

 9月3日(土)からは、登戸駅とミュージアムを結ぶ直行バスのデザインもリニューアルされます。大型車1台と中型車1台が対象。残り2台のバスも2017年1月にリニューアル予定です。

乗りものニュース編集部

最終更新:8/19(金) 13:26

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。