ここから本文です

大宮、20日仙台戦 11対11で調整、SB和田が先発の見込み

埼玉新聞 8/19(金) 10:30配信

 第2ステージ11位で勝ち点10の大宮は20日、同9位で同13の仙台と対戦する(18時30分・NACK)。前節横浜M戦では数的優位に立ちながら、試合終盤に追い付かれた。仙台戦は悔しい引き分けを引きずらず、渋谷監督は「選手には思い切って向っていってほしい」と切り替えを促した。

 チームは18日、さいたま市内で報道陣にのみ練習を公開して11対11で調整した。横浜M戦から守備陣の顔触れが変わりそうで、左サイドバックには和田が入って3試合ぶりに先発する見込み。このほかの横浜M戦と同じ顔触れだった。左MFは清水、右MFにマテウス、岩上などの構成も試して仙台戦に備えた。

 仙台とは年間勝ち点36で並び、大宮が8位、仙台は9位に付ける。仙台は直近5試合で4勝1分けと好調。ウイルソンとハモンロペスの外国人2トップに勢いがあり、5試合計9ゴールのうち2人で6ゴールしている。得点源の攻略へ渋谷監督は、「ボールを持つことが最大の守備」と攻撃を重視。主導権を握る試合を想定していた。

最終更新:8/19(金) 10:30

埼玉新聞

スポーツナビ サッカー情報