ここから本文です

ナダル 完敗で3回戦敗退、錦織やワウリンカらシード勢も敗れる<男子テニス>

tennis365.net 8/19(金) 8:13配信

W&Sオープン

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は18日、シングルス3回戦が行われ、第3シードのR・ナダル(スペイン)はB・チョリッチ(クロアチア)に1-6, 3-6の完敗で、ベスト8進出とはならなかった。

【W&Sオープン対戦表】

この試合、ナダルはファーストサービスが入った時に83パーセントの確率でポイントを獲得するチョリッチに押された。さらに自身のサービスゲームでは5度のブレークを許してしまい、1時間12分で敗れた。

元世界ランク1位のナダルは、14日に行われたリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)の男子シングルス3位決定戦で錦織圭(日本)に敗れ、銅メダルを逃していた。また、男子ダブルスではM・ロペス(スペイン)とのペアで金メダルを獲得した。

一方、勝利したチョリッチは、準々決勝で第6シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)と第12シードのM・チリッチ(クロアチア)の勝者と対戦する。

今大会は1回戦でB・ペール(フランス)、2回戦で第14シードのN・キリオス(オーストラリア)を破り、ナダルとの3回戦へ駒を進めていた。

また、同日の3回戦では第2シードのS・ワウリンカ(スイス)、第5シードの錦織圭、第7シードのJW・ツォンガ(フランス)も敗れている。

tennis365.net

最終更新:8/19(金) 8:14

tennis365.net