ここから本文です

【MLB】イチロー、今季20度目マルチ メジャー通算3007安打で歴代28位タイに浮上

Full-Count 8/19(金) 9:41配信

「5番・右翼」で5試合連続スタメン、3試合連続ヒット

 マーリンズのイチロー外野手は18日(日本時間19日)、敵地でのレッズ戦に「5番・右翼」で5試合連続で先発出場し、今季20度目のマルチ安打をマークした。3試合連続ヒットでメジャー通算3007安打として、アル・ケーラインに並んで歴代28位タイに浮上した。マーリンズは4-5で敗れて3連敗となった。

イチロー、MLB3000安打の全打球位置イラスト

 イチローは2回、1死走者なしで打席に立ち、相手先発の右腕ストレイリーの直球に空振り三振。5点を追う展開となった4回1死一塁の場面でも、チェンジアップに合わずに2打席連続の空振り三振に終わった。

 しかし、4番オズナの2ランで3点差とした直後の6回の第3打席は、1死走者なしで打席に立つと、1ボールから2球目の直球をセンター前にゴロで運んだ。続くジョンソンは三ゴロ併殺打に倒れ、得点にはつながらなかった。

 それでも、マーリンズは7回にプラドの2点タイムリーで1点差に迫る。イチローは続く8回に1死走者なしで打席へ。今度は中継ぎ右腕ウッドからレフト前ヒットを放ち、10日のジャイアンツ戦以来7試合ぶり、今季20度目のマルチ安打とした。同点のランナーとなったが、ここもジョンソンが遊ゴロ併殺打に倒れた。

 イチローはその裏、ライトへのライナーをスライディングキャッチ。守備でも魅せたが、マーリンズは9回も得点を奪えずに1点差で敗れた。

 敵地でのレッズ4連戦で全て先発出場となったイチローは、これで16日(同17日)の試合から3試合連続安打。メジャー通算3007安打で、今季打率は.313とした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/19(金) 11:05

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています