ここから本文です

MRJ、来週中にも米国での試験飛行へ出発

ニュースイッチ 8/19(金) 10:35配信

経由地の新千歳空港に到着

 三菱航空機(愛知県豊山町、森本浩通社長)は18日、開発中の国産小型ジェット旅客機「MRJ」の試験1号機を北海道の新千歳空港(千歳市・苫小牧市)に初着陸させた。22日の週にも米国での飛行試験に出発する予定で、経由地の同空港まで飛行して機体整備を実施した。MRJが拠点の愛知県営名古屋空港(愛知県豊山町)以外に着陸するのは3カ所目。

 午前9時17分に名古屋空港を離陸し、10時57分に着陸した。名古屋空港以外での整備作業を確認した後、名古屋空港まで数時間かけて戻り、飛行試験に取り組んだ。

 三菱航空機は2018年半ばのANAホールディングスへの量産初号機納入に向け、米国で1年間ほど飛行試験を実施して型式証明の取得を目指す。新千歳空港、ロシア、米アラスカを経由し、試験拠点の米ワシントン州の空港に向かう計画。

最終更新:8/19(金) 10:35

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。