ここから本文です

「ヴェルファイア」ベースの霊柩車発売 5人乗りで広い車内空間 光岡

乗りものニュース 8/19(金) 19:24配信

「ヴェルファイア」をベースに1400mm延長

 富山県の自動車メーカー、光岡自動車は2016年8月18日(木)、新型霊柩車「ヴェルファイアグランドリムジン」を発表しました。

【画像】新型シビック ハッチバック プロトタイプモデル

 トヨタのミニバン「ヴェルファイア」をベースに、全長を1400mm延長したファミリータイプの洋型霊柩車で、溶接などの工程は職人が1台1台手作業で行っているといいます。

 車両寸法は全長6335×全幅1850×全高1930mm。排気量は2493ccで、駆動方式は2WD/FFおよび4WD、乗車定員は5人です。車両本体価格は1026万円~1104万8400円(税込、リサイクル量別途)。8月22日(月)から発売されます。

 光岡自動車 特販事業部の光岡さんによると、要人の乗るクルマがセダンからミニバンに変わりつつあるという話などをもとに、トヨタ「ヴェルファイア」をベースとした霊柩車を企画。葬祭業者からも車内スペースが広く使い勝手が良いミニバンタイプの要望があったといいます。

 乗車定員が5人というのも「家族で乗りたい」という声を反映させたものとのこと。「棺桶を収める棺室も比較的広いため、外国人など体格の大きな人の棺桶にも対応できると思います」ということです。

 新型霊柩車「ヴェルファイアグランドリムジン」は、8月22日(月)から8月24日(水)に、「東京ビッグサイト」(東京都江東区)で開催される、葬祭、埋葬、供養に関する設備や機器、サービスが集まる「エンディング産業展 2016(ENDEX)」の会場で初披露される予定です。

乗りものニュース編集部

最終更新:8/19(金) 21:56

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。