ここから本文です

マレー 五輪金直後にキャリア通算600勝達成<男子テニス>

tennis365.net 8月19日(金)11時51分配信

W&Sオープン

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は18日、シングルス3回戦が行われ、第1シードのA・マレー(英国)が世界ランク24位のK・アンダーソン(南アフリカ)を6-3, 6-2のストレートで下してベスト8進出を決めると同時に、キャリア通算600勝を達成した。

この試合、第1セットを先取したマレーは、続く第2セットでも安定したプレーでアンダーソンを圧倒し、1時間30分で勝利した。

準々決勝では、B・トミック(オーストラリア)と対戦する。トミックは同日の3回戦で第5シードの錦織圭(日本)をストレートで下しての勝ち上がり。

マレーは、14日まで行われていたリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)のテニス競技の決勝で元世界ランク4位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を7-5, 4-6, 6-2, 7-5で下して金メダルを獲得すると同時に、史上初の五輪連覇を達成した。

今大会は五輪からの連戦となる過密スケジュールの中、アンダーソンに勝利したことによりオープン化以降24人目となるキャリア通算600勝を達成したマレー。昨年4月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)4回戦でイギリス人選手として初の500勝を達成した時の対戦相手もアンダーソンだった。

現役選手のキャリア勝利数ランキングでマレーは5位に位置し、1位はR・フェデラー(スイス)の1,080勝、2位はR・ナダル(スペイン)の801勝、3位はN・ジョコビッチ(セルビア)の737勝、4位はD・フェレール(スペイン)の683勝となっている。(W&Sオープン3回戦終了時点の勝利数)

tennis365.net

最終更新:8月19日(金)11時51分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。