ここから本文です

レアルやバルサにも負けない豪華さ!? シメオネ率いるアトレティコの中盤が溢れ返る

theWORLD(ザ・ワールド) 8月19日(金)14時20分配信

8選手がポジションを争う

スペイン勢で移籍市場の主役となるのはバルセロナ、レアル・マドリードの2クラブで、やはりこの2クラブは恐ろしいほどの戦力を揃えている。今夏はレアルの動きが少ないものの、補強する必要がないほど各ポジションに一線級の選手が揃っている。全ての選手をどう使っていけばいいのか、指揮官ジネディーヌ・ジダンには贅沢な悩みがあると言えよう。

しかし、中盤に関してはアトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネも同じだ。スペイン『MARCA』は、アトレティコの中盤が恐ろしいほど豪華になっていると伝えている。現時点でアトレティコにはコケ、ガビ、チアゴ、サウール・ニゲス、アウグスト・フェルナンデス、トーマス・パルティ、ヤニック・フェレイラ・カラスコ、そして今夏にベンフィカから獲得したニコラス・ガイタンがいる。

同メディアは上記8選手が中盤の4つのポジションを争うことになると伝えており、競争は非常に熾烈だ。前線にはセビージャからケヴィン・ガメイロを獲得しており、恐らくシメオネはアントワーヌ・グリーズマンとの2トップを採用するだろう。[4-4-2]の中盤4人に誰が入るのかは、今季の注目ポイントの1つだ。

同メディアは豪華すぎるがゆえに出場機会の減る選手が不満を溜めこむ可能性もあると見ており、シメオネには巧みなコントロールが求められている。リーグ戦、チャンピオンズリーグ、国内カップ戦を戦っていくには十分の戦力が中盤には揃っているように思えるが、今季もシメオネ率いるアトレティコがバルサとレアルと国内タイトルを争うことになりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月19日(金)14時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]