ここから本文です

南スーダン大略奪、被害額は約28億円 WFP

AFPBB News 8/19(金) 10:18配信

(c)AFPBB News

【8月19日 AFP】国連(UN)の世界食糧計画(WFP)は19日、南スーダンの首都ジュバ(Juba)で7月にサルバ・キール(Salva Kiir)大統領を支持する政府軍とリヤク・マシャール(Riek Machar)第1副大統領派の戦闘の後に起きたWFPの物流拠点に対する略奪の被害額が約2800万ドル(約28億円)に上ると発表した。この大略奪ではトラック、乗用車、事務用品、発電機などのほか、人道支援用の食料4500トン以上が奪われた。映像は略奪を受けたWFPの物流拠点。(c)AFPBB News

最終更新:8/19(金) 11:39

AFPBB News