ここから本文です

桐谷健太、新曲は高校の同級生と 締切ギリギリ妥協せず「凄く最高の作品に」手応え

MusicVoice 8/19(金) 13:44配信

 俳優の桐谷健太(36)が、歌手として挑んだアルバム『香音-KANON-』が9月28日にリリースされる。同アルバムには“浦ちゃん”に扮して三線を弾き語ったヒット曲「海の声」も初収録される。そして、このほど、同アルバム表題曲「香音-KANON-」のレコーディングが終えた。桐谷は「新曲は僕の本当の想いもこもっていますし、自分で言うのも何なのですが、凄く最高の作品に仕上がったと思います」とコメントしている。

【写真】日本ダービーで「海の声」を歌う桐谷健太

 ドラムや三線、ラップなど音楽でも多彩な才能をみせている桐谷。新曲では初めて、歌詞を手掛けた。レコーディングは7月下旬から都内のスタジオでおこなわれ、つい最近完成したという。CD発売に向けた制作締切のギリギリまで妥協なく、取り組んだ。

 その歌詞について桐谷は「周りの大切な人を思い浮かべて書いた歌詞です。皆さんにも共感してもらえると嬉しいなと思います」とコメントしている。

 新曲は、桐谷の高校の同級生と作ったといい、「こういう風なイメージで書いてほしいという事を友達に頼んで、その友達が楽曲を作って送ってくれて、そしてコレとコレを組み合わせてみようとか、お互い電話とかで話し合いが出来る立場だったので、そこは凄く良かったですし、同級生なので、気兼ねなくお互い意見を言い合えた、というのが大きいですね」と回顧。

 更に、「この曲が持つ優しさとか、温もりであったり、切なさであったり、“木漏れ日の光”みたいな感じが自分の中にイメージとしてあって、それをこの曲に込めれたらいいなと思い、一緒に曲と歌詞作りに励みました。新曲は僕の本当の想いもこもっていますし、自分で言うのも何なのですが、凄く最高の作品に仕上がったと思います」と曲に込めた想いを述べた。

 また、アルバムについては、「そして皆さんも知ってるでしょうか?『海の声』も入っていますし、またもう一つ新曲も、また全然毛色の違ったカッコいい音楽になっています。あとTHE イナズマ戦隊さんと一緒にやらせていただいた『喜びの歌』と『君の旅路に桜が笑う』というゴリゴリのロック系のカッコいい曲も入っているので、色んなカラフルな感触を味わえると思います。本当に自信作になっています。是非アルバムを聴いてください。お願いします!」と聴きどころをアピールした。

最終更新:8/19(金) 13:44

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]