ここから本文です

浦和、ホームで首位攻防 ステージと年間の1位懸け、20日川崎戦

埼玉新聞 8月19日(金)10時30分配信

 明治安田J1第2ステージ首位に浮上した浦和は第9節の20日、ホームで勝ち点3差の2位川崎と対戦する(19時・埼玉ス)。年間勝ち点は川崎が57でトップ。浦和が55で2位。ステージと年間という二つの1位を懸けた首位攻防戦になる。

 チームは18日、大原サッカー場で調整し、11対11などを行った。主力組は西川、森脇、那須、槙野、柏木、阿部、駒井、宇賀神、武藤、高木、李でスタート。途中で阿部と那須がゲームを外れ、青木のほか、リオデジャネイロ五輪代表の遠藤がサブ組から主力組に回った。駒井もサブ組の梅崎と交代した。同じく五輪代表の興梠はサブ組の2列目でプレーした。関根は体調不良で欠席。負傷の平川は別調整だった。

 川崎とはJ1通算対戦成績が9勝7分け7敗だが、2012年以降は2勝3分け4敗。埼玉スタジアムでは通算4勝3分け4敗と全くの五分になっている。昨季のホーム戦は1―1の引き分け。今季第1ステージの対戦はアウェーで武藤の得点により1―0で勝った。

 スタジアムの当日券は1400枚販売される。

最終更新:8月19日(金)10時30分

埼玉新聞