ここから本文です

杉田はラオニッチにフルセットで敗れる [シンシナティ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 8月19日(金)9時0分配信

「ウェスタン&サザン・オープン」(ATP1000/アメリカ・オハイオ州シンシナティ/8月15~21日/賞金総額436万2385ドル/ハードコート)の男子シングルス3回戦で、杉田祐一(三菱電機)は第4シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)に1-6 6-3 1-6で敗れた。試合時間は1時間34分。

錦織はトミックに2連敗で準々決勝進出ならず [ウェスタン&サザン・オープン]

 両者の対戦はラオニッチが6-7(4) 6-3 7-6(1)で勝った2011年の東京(ATP500/ハードコート)の1回戦以来で、今回が3度目。初対戦だった2009年7月のグランビー(ATPチャレンジャー/5万ドル/ハードコート)の1回戦では、杉田が7-6(3) 6-1で勝っていた。

 今大会には初出場となった27歳の杉田は、予選2試合を勝ち抜き本戦入り。前日には1回戦で世界ランク27位(8月15日付)で19歳のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を6-7(4) 6-4 6-2で、続いて行われた2回戦ではニコラ・マウ(フランス)を6-3 7-5で倒して勝ち上がっていた。

 ラオニッチは準々決勝で、第8シードのドミニク・ティーム(オーストリア)と対戦する。ティームは3回戦で対戦予定だった第9シードのガエル・モンフィス(フランス)が棄権したため、不戦勝でベスト8進出を決めている。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:TORONTO, ON - JULY 25: Yuichi Sugita of Japan plays a shot against Grigor Dimitrov of Bulgaria during Day 1 of the Rogers Cup at the Aviva Centre on July 25, 2016 in Toronto, Ontario, Canada. (Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)

最終更新:8月19日(金)9時17分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。