ここから本文です

土居美咲 プリスコバに敗れ、ベスト8進出ならず<女子テニス>

tennis365.net 8月19日(金)14時56分配信

W&Sオープン

女子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、WTAプレミア5)は18日、シングルス3回戦が行われ、ラッキールーザーの土居美咲(日本)は第15シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)に5-7, 3-6のストレートで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

この試合、土居は3度ブレークチャンスを握るも活かせず、プリスコバに3度のブレークを許して1時間23分で力尽きた。

土居は今大会の予選に第1シードで出場したが、予選決勝で敗退。しかし、第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)の欠場によりその枠へ入り、初戦となった17日の2回戦でC・マーケイル(アメリカ)を逆転で下して3回戦進出を決めていた。

今年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)2回戦ではプリスコバにストレートで勝利し、そのままの勢いで四大大会初の4回戦へ進出した。

今回の敗戦で、プリスコバとの対戦成績は2勝5敗となった。

その他の日本勢では、奈良くるみ(日本)が1回戦で予選を勝ち抜いたV・ゴルビッチ(スイス)を破り初戦突破を果たすも、2回戦で第16シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)に敗れた。

tennis365.net

最終更新:8月19日(金)14時56分

tennis365.net