ここから本文です

人気声優・内田彩とのコラボにFROGMAN「女性声優はこんなにすごいのか」/<視線の先>インタビュー

トレンドニュース(GYAO) 8月19日(金)19時9分配信

鬼才FROGMANが手がけるフラッシュアニメ「鷹の爪」シリーズも、今年で結成10周年。そんな記念すべきメモリアルイヤーに公開される映画最新作が『鷹の爪8 ~吉田くんのX(バッテン)ファイル~』だ(8月27日公開)。鷹の爪団の人気キャラクター吉田くんの少年時代を描き出した同作の原作は、「月刊コロコロイチバン!」(小学館)にて大人気連載中の同名コミック。多くの怪事件を発生させる「呪いのビデオ」の謎をめぐり、吉田くんたちが活躍する。

「鷹の爪8 ~吉田くんのX(バッテン)ファイル~」劇場予告編映像>>

さらに今回、大ヒットアニメ「ラブライブ!」の南ことり役などで知られる人気声優・内田彩が「鷹の爪」シリーズに初参加。彼女が演じるのは、メカの発明から古代文字の解読までこなす吉田くんの仲間・天才少年つっちー。自身待望の少年役に挑んだ内田とFROGMANとの化学反応はどのようなものだったのか。二人に話を聞いた。

――つっちーの役を内田さんにオファーした理由は?

FROGMAN「僕は、この『吉田くんのX(バッテン)ファイル』という映画をゆくゆくはレギュラー化したいと思っていたんで、実力と人気があって、かつ声の質感が合いそうな女性声優さんに、つっちーという役をお願いしたいと思ったんです。そこで何人かリストアップして、サンプルを聞かせていただいた時に、内田さんが一番つっちーにフィットしていて、それはほとんど直感に近いですね。
ただ、これは本当に申し訳ない話なんですが、これまで僕はほとんど自分ひとりで声優をやっているものですから、声優さんのことをよく知らなかったんです。でも後で聞いてみたら、内田さんはすごく人気のある方だと言われて。それはすごくいいじゃないかと(笑)」

――お二人は初対面だったのでしょうか?

FROGMAN「実は7~8年前に、『古墳ギャルのコフィー』のセカンドシーズンで女性声優さんのオーディションをしたことがあって。その中に内田さんがいたんですけど、一度落としてしまっていたんです」

――その時のことは覚えていました?

内田「あの時はちょうどデビューしたての頃で。オーディションもほとんど受けたことがない時期だったので、ものすごく緊張していたのを覚えています」

FROGMAN「そういう方とまたこうやってご一緒できるのも不思議なご縁ですよね」

1/4ページ

最終更新:8月19日(金)19時9分

トレンドニュース(GYAO)