ここから本文です

[移籍]フィオレンティーナ、今夏アンデルレヒトへ移籍したばかりのフランス人DFをレンタルで獲得

theWORLD(ザ・ワールド) 8月19日(金)15時20分配信

再びセリエAへ

フィオレンティーナは18日、アンデルレヒトからフランス人DFセバスティアン・デ・マイオをレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は1年となっている。

現在29歳のデ・マイオは先月、ジェノアからアンデルレヒトへの移籍が発表されたばかりであったが、新シーズンもセリエAでプレイすることが決まった。

ブレシアでプロデビューしたデ・マイオは3度のレンタル移籍を経て、2013年にジェノアへ加入した。同クラブでは190cmの長身を生かし、守備の要として活躍。公式戦94試合に出場して4ゴールを挙げている。

フィオレンティーナは昨季、一時はセリエAで単独首位に立つ好調ぶりを見せていたが、シーズン後半にチームは失速。デ・マイオは新シーズン、同クラブを守備から立て直し、少しでも良い順位へ押し上げたいところだ。


http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月19日(金)15時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。