ここから本文です

インカレ 早大細沼、第1シード加治下し決勝へ<女子テニス>

tennis365.net 8月19日(金)19時5分配信

全日本学生テニス選手権大会

大学テニス日本一の座をかけた平成28年度全日本学生テニス選手権大会(インカレ)は19日、岐阜メモリアルセンター(岐阜県岐阜市/ハードコート)で女子シングルス準決勝が行われ、細沼千紗(早稲田大)が第1シードの加治遥(園田学園女子大)を6-1, 6-3のストレートで退け、決勝進出を果たした。

インカレ 西本が悲願の優勝

第1セットは細沼が終始試合を支配し6-1で先取。続く第2セットも細沼優勢で試合が進み、勝利まであと1ゲームまで追い詰める。

しかし、ここから加治が第1シードの意地を見せつけ反撃。強力なフォアハンドでゲームカウント5-4まで迫るもあと1歩及ばず、6-4でゲームセットとなった。

最後のインカレに臨んだ加治、悲願の大学日本一は叶わなかった。

勝利した細沼は、明日の決勝で同じく早稲田大学の林恵里奈と対戦する。

同校の先輩であり、主将でもある林を相手にインカレ初優勝をかけて戦う。

本日の対戦結果は下記の通り。

-------------------------------------------------------------------
【女子シングルス 準決勝】

加治遥(園田学園女子大学)1-6, 4-6 細沼千紗(早稲田大学)

西田奈生(慶應大学)2-6, 3-6 林恵里奈(早稲田大学)
-------------------------------------------------------------------


個人戦シングルスは96名の選手が出場しており、トーナメントで競い合う。試合形式は3セットマッチで行われる。

女子シングルスの上位シード勢は加治遥(園田学園女子大)、林恵里奈(早稲田大)、寺見かりん(山梨学院大)、畑守美里(関西大)。

昨年の同大会では西本恵(慶應大卒)が優勝を飾った。

tennis365.net

最終更新:8月19日(金)19時5分

tennis365.net

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。