ここから本文です

大会初日、男子団体2回戦結果 [全中テニス]

THE TENNIS DAILY 8月19日(金)18時58分配信

「第43回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦/岩瀬スポーツ公園テニスコート:砂入人工芝コート28面)、通称「全中」の初日は、男女団体の1、2回戦が行われた。

大会初日、女子団体1、2回戦結果 [第43回全中]

試合方法◎団体戦は、単3本+複2本の合計5ポイント(試合順D2→D1→S3→S2→S1)で争われ、1回戦~準決勝は1セットマッチ(6ゲームズオール後タイブレーク・システム)、決勝戦のみ8ゲームプロセットマッチで行われる。1回戦は全ポイント行い、2回戦以降は勝敗決定後、打切り。

     ◇   ◇   ◇

【シード順位】

小平市立小平第二(東京)[1]
土浦市立土浦第二(茨城)[2]
高松市立桜町(香川)[3-4]
甲南(兵庫)[3-4]
札幌市立向陵(北海道)[5-8]
練馬区立石神井東(東京)[5-8]
八王子市立宮上(東京)[5-8]
名古屋(愛知)[5-8]

------------------------

【男子団体2回戦】※校名の左に付いている数字はドロー番号、名前の左に付いている数字は登録番号

1小平市立小平第二(東京)3-0 4サレジオ学院(神奈川)
D2 ○3今鷹洸太/8榎本稜介 6-2 ●3浪江 遼/4三宅利史
D1 ○4中 基/5小澤夏輝 6-1 ●6三井惟恩/ 10甲田晴大
S3 1高畑里玖 2-3 打切り 1米谷真樹
S2 ○2守谷 岳 6-0 ●9里見捷人
S1 6李 光輝 打切り 2長谷部達哉

5和歌山市立西和(和歌山)2-3 8札幌市立向陵(北海道)
D2 ○2熊野良亮/9明石真弥 6-2 ●4櫻田 陽/5清水智貴
D1 ○1川口湧大/5金城泰地 6-0 ●6白石 康/7神山将太
S3 ●3矢田翔太 5-7 ○1鎌田大夢
S2 ●4喜多亮介 0-6 ○3藤井瑞貴
S1 ●10小椋森弘 0-6 ○2森基唯斗

----------

9高松市立桜町(香川)3-1 12鯖江市中央(福井)
D2 ○4山地恭平/5関本 椋 7-5 ●3渡辺 翔/7畑中佑斗
D1 ○3岡上直暉/6井上明南 7-6(3) ●5山本勇斗/6畑中温翔
S3 ○2高木 翼 6-2 ●1加藤那琢
S2 ●7伊藤有祐 2-6 ○4加藤弘寛
S1 1芳谷 仁 打切り 2佐野仁哉

13灘(兵庫)1-3 16練馬区立石神井東(東京)
D2 ●3塚田 棟/7印藤祐八 3-6 ○7松崎要喬/8佐藤 楓
D1 ○2清水 力/4坂本遼生 6-2 ●4相原綾介/5南雲優作
S3 ●6大久保孝慶 1-6 ○2真庭 稔
S2 ●5山科大登 2-6 ○3角田優太
S1 1宮脇亮太 打切り 1柴崎充志

----------

17八王子市立宮上(東京)1-3 20日本大学第三(東京)
D2 ●2中島将太/5田村 朗 3-6 ○4内田敬愛/5勝田 匠
D1 ○4地主直輝/6仲川洸太 6-3 ●2塩田龍一/7片岡虹人
S3 ●3日野知紀 3-6 ○1西海隆太郎
S2 ●7林 穂高 1-6 ○6岡部悠希
S1 1細川暖生 打切り 3臼井 歩

21浪速(大阪)1-3 24甲南(兵庫)
D2 ●5川端孝佳/7羽田峻也 2-6 ○5篠原ユーコン嶺/6杉内孝行
D1 ●1下辻優斗/4山本大翔 4-6 ○3日野健太/4宇津原陽
S3 ●3小嶋修史 6-7(6) ○1森田篤郎
S2 ○2古谷友亮 6-1 ●8柴田畝那
S1 6向井晃太 0-2 打切り 2西村瑛人

----------

25名古屋(愛知)2-3 27伊万里市立国見(佐賀)
D2 ○4後藤駿介/6横井理人 6-0 ●6前田笑輝/7力武拓海
D1 ●5宮地吾侑/7水野征哉 5-7 ○3吉岡信吾/4長野 稜
S3 ○1藤田淳之介 6-4 ●5森 優介
S2 ●2高田順平 1-6 ○2田中 翔
S1 ●3牧村拓燈 1-6 ○1力武颯也

29桑名市立光陵(三重)1-3 32土浦市立土浦第二(茨城)
D2 ●6佐久間隼/7薄井秀真 1-6 ○4小林良徳/5遠藤出帆
D1 ○4江藤智樹/5武田益輝 7-6(4) ●8金 ※燮/9佐藤大喜(※王偏に交)
S3 ●2加藤 和 0-6 ○1藤田裕暉
S2 ●1徳本拓也 1-6 ○3金 東※(※火偏に玄)
S1 3中根進太 4-2 打切り 2松尾滉哉

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8月20日(土)9時38分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]