ここから本文です

【MLB】イチローと敵主砲が“ジャンクフード合戦” ドーナツにピザ51枚でお返し!?

Full-Count 8月19日(金)18時10分配信

マーリンズのクラブハウスに届けられた51枚のピザ…送り主は?

 マーリンズのイチロー外野手とレッズの主軸、ジョーイ・ボット内野手の“交流”が米国で話題となっている。米CBSスポーツ(電子版)は「ドーナッツのお返しに、ジョーイ・ボットがイチローに51枚のピザを贈る」との見出しで記事を掲載。トッププレーヤー2人が「“フリー・フード合戦”を繰り広げている」と伝えた。

イチローは歴代28位タイに浮上…MLB歴代通算安打数ランキング

 記事によると、18日(日本時間19日)のシンシナティーでのレッズ戦前、マーリンズのクラブハウスに51枚のピザが届いたという。送り主はレッズの主砲ボット。メジャー通算打率.310に加え、4度のリーグ最多四球を記録するなど通算出塁率.424を誇る好打者で、2010年にはシーズンMVPにも輝いているレッズの「顔」だ。

「マーリンズ-レッズの4連戦で相まみえた、イチロー・スズキとジョーイ・ボットは”フリー・フード合戦”を繰り広げている」

 特集では、このように紹介。さらに、この日の出来事について「この連戦の序盤、正体不明のマーリンズ選手が大量のドーナッツをボットのロッカーに届けた。ボットはドーナッツを送ったと思われる選手のロッカーに51枚のピザを届けた。イチローにである」と伝えている。

イチローが送ったドーナツはカナダ大手チェーンのもの?

“先制攻撃”をしたのはイチローで、親交のあるボットにドーナツを送ったというのだ。マイアミでマーリンズの試合を中継している地元テレビ局「FOXスポーツ・フロリダ」の実況は、そのドーナツがカナダの大手チェーン「ティム・ホートンズ」のものだったのではないかと予想。ボットはカナダ出身だ。

 そして、そのお返しとして、マーリンズのクラブハウスにイチローの背番号にちなんだ51枚のピザが届けられたという。記事では、“フリー・フード合戦”に加え、“ジャンクフード合戦”という表現も使われており、スーパースターの2人が庶民的な食べ物を送り合ったことをおもしろおかしく伝えている。

 この試合でも、4打数2安打と今季20度目のマルチ安打を記録したイチローが出塁した際には、2度とも一塁手のボットと塁上で談笑する姿が見られた。史上30人目の3000安打を達成した背番号51は、現役のスター選手からも大きなリスペクトを受けている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月19日(金)20時5分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。