ここから本文です

[移籍]ブレーメン、コペンハーゲンからデンマーク代表にも選ばれている若き主将を獲得 来年1月に加入

theWORLD(ザ・ワールド) 8月19日(金)17時10分配信

初の海外挑戦

ブレーメンは17日、コペンハーゲンからデンマーク代表MFトーマス・デラニーを獲得したことを発表した。2017年1月1日から加入する予定で、それまではコペンハーゲンでプレイするとのことだ。なお、契約期間や移籍金などは明かされていない。

現在24歳のデラニーはコペンハーゲンの下部組織出身で、2009年にトップチームへ昇格。昨季はチームの主将を任されていた。同クラブではこれまで公式戦224試合に出場し、4度のリーグ制覇と3度のカップ戦優勝を経験している。一方代表では、デンマーク代表の各年代でプレイし、フル代表にも選出。同代表の将来を担う若手選手のひとりである。

そんなデラニーはブレーメンの公式サイトを通じて「僕はブレーメンのような名門クラブに1月から加入できてうれしいよ。チーム内では責任を担う立場になりたいね」と移籍の喜びと意気込みを語った。

はたして、デラニーはコペンハーゲンで残した功績をブレーメンでも築き上げることができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月19日(金)17時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。