ここから本文です

高知大MFが水戸で出場可能に「素晴らしいチームで試合に出場できるチャンス」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月19日(金)17時45分配信

15位につける水戸

水戸ホーリーホックは17日、高知大学MF元田龍矢がJFA・Jリーグ特別指定選手として加入することを発表した。

現在21歳の元田は広島県瀬戸内高校を卒業後、高知大学でプレイ。水戸では32番を背負うことが決まり、8月21日に開催されるカマタマーレ讃岐戦から出場可能となる。また同選手はクラブ公式サイトを通じて「水戸ホーリーホックというすばらしいチームで特別指定選手としてプレイできることを大変嬉しく思います」とコメント。「チームの一員としての責任と誇りを持ち、水戸の勝利のために全力でプレイします。宜しくお願い致します」と新たな挑戦に向けて意気込みを語っている。

さらに自身のTwitterでも「このような素晴らしいチームで試合に出場できるチャンスを頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。日々の練習から常に全力で取り組んでいきます。応援よろしくお願いします」と綴った。

水戸は現在、28試合を消化して15位。昨季は過去最低となる19位でシーズンを終えた水戸だが、今季はJ2・J3入れ替え戦出場圏となる21位まで7ポイント差ついている。特別指定選手としてチームに加わる元田は、その水戸でチャンスを掴むことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月19日(金)17時45分

theWORLD(ザ・ワールド)

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。