ここから本文です

「ルーニーはデブで重い」 マンU主将がプレイできるのは“マーケティングのため”と語るOB

theWORLD(ザ・ワールド) 8月19日(金)18時1分配信

OBが激しく非難

かつてクイーンズ・パーク・レンジャーズやマンチェスター・ユナイテッドでプレイした元イングランド代表のポール・パーカー氏が、赤い悪魔でキャプテンを務めるウェイン・ルーニーを口撃している。

1991年からの5年間をユナイテッドで過ごし、100試合以上を戦った52歳にとっては、ルーニーのフィジカルコンディションがお気に召さないようだ。ボーンマスとのプレミアリーグ開幕戦では先発出場を飾り、ゴールまで挙げたイングランド代表ストライカーに対し、パーカー氏は次のように辛辣な言葉を投下している。『888.com』が同氏のコメントを伝えた。

「今季、ルーニーは自身の価値を証明するために戦う必要がある。とても重要なシーズンになるよ。これはマーケティングのためではない。もちろんサポーターはルーニーがこれまでユナイテッドのために決めてきた多くのゴールに感謝しているが、サッカー界で重視すべきなのは今現在の実績だ」

「もしもルーニーを初めて知る人間が居たとしたら、『こいつは誰なんだ?』と言うだろう。彼はデブでとても重い」

もちろん同氏にとっては開幕戦の働きぶりも不満のようだ。

「酷い出来だった。必要なスピードは無かったし、マーケティングのためにプレイしているだけだよ」

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月19日(金)18時1分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。