ここから本文です

【高校野球】先発完投か継投か、強打か堅守か― 夏の甲子園準決勝の見どころは?

Full-Count 8月19日(金)22時31分配信

夏の甲子園はいよいよ準決勝、20日2試合の見どころは?

 第98回夏の甲子園大会は20日準決勝を迎える。第1試合は作新学院(栃木)-明徳義塾(高知)、第2試合は北海(南北海道)-秀岳館(熊本)の対戦となる。

2016年の優勝校は…21世紀の甲子園優勝校

 決勝進出となれば作新学院は優勝した1962年以来54年ぶり、明徳義塾も優勝した2002年以来、14年ぶり。88年ぶりの準決勝進出の北海は、これまで夏は4強止まり。秀岳館も北海も決勝は初めてとなる。4チームとも2回戦からの登場で準決勝はこの夏4試合目。先発完投型か継投か。投手起用が勝敗を分けそうだ。

○作新学院vs明徳義塾

 作新学院は152キロ右腕の今井がその球速だけでなく、ここまでの3試合で27イニング投げて、3失点。防御率1.00という好成績を残している。尽誠学園戦は完封。花咲徳栄、木更津総合と打力があるチームをそれぞれ2点、1点に抑えた。今井は木更津総合との準々決勝。9回に球数が120球近くになったにも関わらず150キロ台を投げられるスタミナを持つ。外角低めの直球の制球力も売り。低めに集まっている時はなかなか攻略することは難しい。もし先発となればここまでの疲労がどこまで回復しているかがカギとなる。

 一方、作新は打線も強力。3試合で12打数6安打、打率5割の数字を残し、史上7人目の3試合連続本塁打中の入江が3番で待つ。もともと入江は投手で春まで今井とエースの座を争っていた選手。打撃は非凡なものを持っており、甲子園で大暴れしている。1番山本、2番山ノ井の出塁がポイントとなりそうだ。

 その今井に襲いかかるのが、3試合で23点を挙げた強力な明徳打線。クリーンアップを打つ西浦、古賀は注目の強打者だ。西浦は2年生ながら、嘉手納戦で右中間へ満塁本塁打とパワーと巧さを併せ持つ。さらに6番の大北は3回戦の嘉手納戦で3安打。下位を打つ今井は準々決勝の鳴門戦で3安打。切れ目のない打線を形成している。投手陣は中野、林田、金津の3投手がここまで甲子園のマウンドを経験済み。準決勝以降も継投になることが予想される。強肩の好捕手・古賀がどうリードしていくか。ともに失策の少ないチーム同士。打撃戦か、投手中心の守り勝つ堅守の野球か、注目だ。

1/2ページ

最終更新:8月19日(金)22時35分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)