ここから本文です

お値段28億円! チェルシーがレアルやマンUも狙うブンデス屈指の“PKキッカー”をロックオン

theWORLD(ザ・ワールド) 8/19(金) 18:10配信

コンテの買い物はまだ終わらない?

この人気者は多くのヨーロッパメガクラブを虜にしている。ドイツブンデスリーガのヴォルフスブルクで近年急成長を遂げるスイス代表DFに対し、アントニオ・コンテ新監督率いるチェルシーが関心を寄せているようだ。

ウェストハムとのプレミア開幕ゲームではエデン・アザールやジエゴ・コスタらのゴールにより2-1と辛勝。本拠地スタンフォード・ブリッジで激しいジェスチャーと共に喜びを表現していたコンテだが、“理想のチーム”にはまだ到達していないのかもしれない。英『Daily Mirror』は、チェルシーがヴォルフスブルクで左サイドバックを務める23歳のリカルド・ロドリゲス獲得を狙っていると指摘。レアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッドも関心を寄せていた“PK&FK”キッカーにコンテも魅了されたようだ。このスイス人DFは同国代表として41キャップを数え、ヴォルフスブルクでは125試合のリーグ戦を戦ってきた。彼に付けられた値段は2500万ユーロ(約28億円)前後とされており、“悪くない金額”だと同メディアは綴っている。

正確な左足のキック精度を誇り、今やブンデスリーガでも屈指の若手DFとして成長を続けるロドリゲス。果たして彼の未来はチェルシーにあるのだろうか。今後の動向に注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/19(金) 18:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報