ここから本文です

ミランがレアルMFをレンタルで獲得望むも拒否 レアルのお望みはモラタ・ケース

theWORLD(ザ・ワールド) 8月19日(金)18時10分配信

モラタと同様の手段ならば放出を検討

今夏ミランのターゲットの1人に挙がっているのが、レアル・マドリードMFマテオ・コバチッチだ。コバチッチはトニ・クロース、同じクロアチア代表の先輩であるルカ・モドリッチらの存在が大きすぎるために出場機会を確保できていない。今夏にはマルコ・アセンシオが強烈なアピールをしており、出場機会を得るのは容易ではないだろう。

ミランはそのコバチッチをレンタルで獲得する案を考えていたが、伊『sky Italia』によればレアル側はレンタルでの放出を拒んでいるようだ。ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOがレアルのフロレンティーノ・ペレス会長と連絡を取っているようだが、レンタルでの獲得に応じる考えはない。

ただし、レアルは今夏ユヴェントスからレアルに復帰したFWアルバロ・モラタのやり方であればコバチッチ放出を考慮するという。モラタは2014年夏に2000万ユーロの移籍金でユヴェントスに移籍。しかし契約には買い戻しオプションが付いており、今夏レアルがその権利を行使して復帰を果たした。

コバチッチもモラタ・ケースを取る可能性があるようで、買い戻しオプションの付いた完全移籍なら状況は変わってくる。モラタの場合はユヴェントスで2年間結果を出したことでレアルに復帰する形となったが、ミランがコバチッチを手にする場合は同様の手段を取る必要がありそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月19日(金)18時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報