ここから本文です

“ポッコリお腹“への攻撃止まらず ナポリで売られているイグアインのユニフォームのマネキンが……

theWORLD(ザ・ワールド) 8/19(金) 19:40配信

お腹が異常に出たデザインに

今夏大きな話題を呼んだFWゴンサロ・イグアインのユヴェントス移籍は、ナポリサポーターにとって絶対に許せないものだった。昨季のナポリはユヴェントスとタイトル争いを繰り広げ、優勝の希望が見えた時期もあった。それを引っ張っていた男がライバルクラブに加入するなど、許せるサポーターはほとんどいないだろう。

そんなナポリサポーターにとって攻撃対象となったのがイグアインのお腹だ。オフが終わってユヴェントスに合流したイグアインは、お腹がポッコリと出た姿で登場。ユヴェントス側もダイエットを命じるほどの太りっぷりで、豚がユヴェントスにやってきたとの声も挙がった。

そしてこのお腹への攻撃は当分終わりを見ないだろう。伊『Gazzetta dello Sport』によると、ナポリのショップではイグアインのユヴェントス版ユニフォームが店頭販売されているが、そのユニフォームを着せたマネキンは異常なほどお腹が膨れ上がったデザインになっている。

当初イグアインの太りっぷりはユニフォーム越しにも分かるものだったため、それをいじられることになってしまった。イグアインのシェイプアップは徐々に進んでいるようだが、同メディアはイグアインのお腹への攻撃が収まることはないはずだと伝えている。

イグアインは古巣サポーターを敵に回してしまうことになり、ユヴェントスで結果を出さなければさらに攻撃されることになるだろう。それは確実にプレッシャーになるはずだが、お腹への攻撃を跳ね返すだけのパフォーマンスを開幕から見せられるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/19(金) 19:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]