ここから本文です

リオ五輪サッカー決勝でブラジルvsドイツが実現、あの悲劇は繰り返されるか ドイツ指揮官「異なる試合」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月19日(金)23時0分配信

リベンジ狙うブラジル

今月に開幕したリオ・オリンピックも佳境を迎えているが、サッカーも20日に決勝戦が行われる予定で、クライマックス間近だ。注目の決勝戦では開催国ブラジルとドイツが顔を合わせる。

サッカーファンであれば、このカードで思い出すのは2年前のあの事件だ。「ミネイロンの惨劇」と呼ばれるその出来事はドイツが開始早々からゴールを挙げ続け、試合終了の笛が鳴るころには7点がスコアボードに映されたあの試合だ。そのときと同じくブラジルで行われる決勝だけにメディアもこぞって結果に注目しているが、ドイツ代表を率いるホルスト・フルブシュ監督は過去を意識することはないようだ。独『Sport Bild』がコメントを伝えた。

「その試合結果には興味ないよ。我々が戦うのは異なるチームだし、異なる試合になる。我々が7点も決めることはないよ」

ブラジルにとっては雪辱を果たすためにベストの舞台が整った。2年前には欠場したエース、ネイマールも出場予定で、息巻いているところだろう。どちらが金メダルを手にするのか注目が集まるところだ。

【お詫びと訂正】文中に一部誤りがございました。「マラカナンの悲劇」ではなく、正しくは「ミネイロンの惨劇」でした。ここにお詫びとともに訂正させていただきます。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月20日(土)12時25分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。