ここから本文です

貧困世帯対象、支援制度知って 25日横浜で学習会

カナロコ by 神奈川新聞 8月19日(金)17時55分配信

 生活保護を受給するなど生活困窮世帯で進学を希望している児童生徒を対象とした支援制度への理解を深める学習会が25日、横浜市中区の県司法書士会で開かれる。参加無料。

 「経済的理由で進学をあきらめないために~奨学金やその他の経済的支援制度~」と題し、貧困問題に取り組む弁護士ら専門職や市民団体でつくる「反貧困ネットワーク神奈川」が主催する。

 講師は、同区の寿地区で子どもの教育や生活に長年にわたって関わってきた山埜井聖一さん(ことぶき学童保育指導員)、高沢幸男さん(寿支援者交流会事務局長)と、奨学金問題対策全国会議事務局長の岩重佳治弁護士。

 さまざまな支援制度の仕組みや奨学金を利用する場合の注意点などをテーマに話し合う。担当者は「学校に通い、進学について考えている児童生徒にも参加してほしい」と呼び掛けている。

 午後6時15分から。予約不要で先着順。問い合わせは、反貧困ネットワーク神奈川事務局(事務局長・西村紀子弁護士)電話045(861)7411。

最終更新:8月19日(金)17時55分

カナロコ by 神奈川新聞