ここから本文です

早朝海岸清掃で太洋中栄誉 国表彰、平塚市に報告

カナロコ by 神奈川新聞 8月19日(金)17時59分配信

 生徒のボランティア活動による「早朝海岸清掃」を、約30年間続けている平塚市立太洋中学校(同市高浜台、栗木雄剛校長)がこのほど、「『海の日』海事関係功労者国土交通大臣表彰」の「海をきれいにするための一般協力者」として表彰され、18日に落合克宏市長に表彰の報告を行った。

 清掃活動は、1987年ごろから始まり、例年7月の三嶋神社の神輿(みこし)の浜降りの日に合わせて続けられている。同校PTAなどの呼び掛けで広がりを見せ、近年は500人前後が参加する。

 同校を代表して生徒会書記の大木あさひさん(14)は「わが家では年中行事。私たちの成長を平塚の海に見守ってほしいし、海を守る活動を続けていきたい」と述べた。表彰は海に関する事業に貢献した団体や個人を対象に行われ、今年は全国161人・43団体が表彰された。

最終更新:8月19日(金)17時59分

カナロコ by 神奈川新聞