ここから本文です

カクテルパフェ、北野ホテルが新提案

Lmaga.jp 8/19(金) 17:00配信

「神戸北野ホテル」(神戸市中央区)が「カクテル・パフェ」を9月1日から期間限定でスタート。パティシエとバーテンダーのコラボレーションによって、バーのカフェ遣いを提案する。

シャンパンにイチゴからイメージした、カクテル・パフェ

リクエストがあれば、バーでもホテルメイドのケーキなども提供してきた同ホテルの「アッシュバー」。今回は、もっと気軽にバーを女性に楽しんで欲しいという思いから、カクテル仕立てのパフェを企画。シャンパンとイチゴを組み合わせた「プリティ・ウーマン」、そして、リンゴのお酒カルヴァドスをベースにしたカクテルをイメージした「ジャック・ローズ」の2種・各1,800円(税・サ別)を展開する。

例えば、「プリティ・ウーマン」であれば、シュワシュワとシャンパンの泡が口の中で弾けながら、イチゴの果肉たっぷりのコンフィチュール(ジャム)、バニラアイス、ローズのゼリーなどが口の中ですっと溶け合い、お酒を飲んでいる気分とパフェの気分を同時に味わえてしまう不思議な感覚。

パティシエの本部未央さんが「アルコールとクリームがなじむようにバランスを組み立てるのが大変でした。中央部分にアイスを配置したり、最後までお酒を冷たくいただけるように工夫しています」とパフェの構成がしっかり考えられているだけあり、サラリといただけてしまう。が、やはりアルコールを使っているので、弱い方ならほろ酔い気分に。食後に、スイーツで締めたい人と、まだまだ飲みたい人に向けての、折衷案としても重宝しそうだ。

最終更新:8/19(金) 17:00

Lmaga.jp