ここから本文です

朴大統領、来月ロシア・中国を訪問…「THAAD解決策」は見つかるか

ハンギョレ新聞 8月19日(金)7時4分配信

9月4~5日、杭州G20首脳会議に出席 2~3日にロシアでプーチンと首脳会談 7~8日には韓・ASEAN首脳会議出席

 18日、朴槿恵(パククネ)大統領が来月4~5日に中国の杭州で開かれる主要20カ国(G20)首脳会議に参加すると、大統領府が明らかにした。朴大統領はこれに先立ち9月2~3日にはロシアを訪問し、ウラジミール・プーチン大統領と首脳会談を持つ予定であり、ロシアと中国の訪問でTHAAD(高高度防衛ミサイル)問題の外交的解決策を見つけられるかに関心が集まっている。中国もロシアも韓国へのTHAAD配備には公開的に反対している。

 大統領府はこの日報道資料を出して「朴大統領は主要20カ国首脳会議で、各国首脳と共に今年の首脳会議の主題である『革新、活力、包容的な世界経済建設』のための政策共同歩調方案を議論して、韓国経済に及ぼすグローバル懸案問題に関して立場を述べる予定」と明らかにした。大統領府は朴大統領と中国の習近平国家主席との首脳会談については「現在検討中」と明らかにした。朴大統領は今回のロシア・中国訪問を契機に、北核問題に関する両国の積極的役割を要請し、THAAD配備に対しては北朝鮮の核とミサイル威嚇に対応するための自衛的措置と強調するものと見られる。さらに朴大統領は7~8日にはラオスのビエンチャンを訪問し、韓・ASEAN首脳会議とASEAN+3(韓中日)首脳会議、東アジア首脳会議(EAS)に相次いで参加する。

チェ・ヘジョン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:8月19日(金)7時4分

ハンギョレ新聞