ここから本文です

全日本ラリー参戦のSARD with LUCK RALLY TEAM、コバライネンの代役に勝田貴元を起用

オートスポーツweb 8/19(金) 10:34配信

 全日本ラリー選手権に、ラリー界の名門であるラックとともにSARD with LUCK RALLY TEAMとして参戦しているサードは、8月26~28日に開催されるJRC全日本ラリー選手権第6戦モントレー2016 in 嬬恋に、勝田貴元を起用すると発表した。

 SARD with LUCK RALLY TEAMは、今季スーパーGT500クラスでDENSO KOBELCO SARD RC Fをドライブしている元F1ドライバーのヘイキ・コバライネンを起用しトヨタ86 R3を走らせているが、第6戦モントレーはスーパーGT第6戦鈴鹿と重なっているため、コバライネンが参戦できない。

 そこで、チームにふさわしい代役がモントレーに参戦することになった。コバライネンに代わってトヨタ86 R3をドライブするのは、TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジプログラムの一員として将来のWRC参戦を目指している勝田貴元だ。また、勝田はラックの勝田照夫社長、そして勝田範彦と続く一家の出身。まさにチームにとってはうってつけの人材と言えるだろう。

 コ・ドライバーを務めるのは足立さやかと、こちらも実績十分。モントレーはターマックが大半で、サーキット出身の勝田の活躍は大いに期待できるかもしれない。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8/19(金) 10:34

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。