ここから本文です

メルセデスが恐れる“下克上” その歴史を振り返る

オートスポーツweb 8月19日(金)18時13分配信

 メルセデス・モータースポーツのボス、トト・ウォルフは、2017年に向けてライバルチームのどこかが「特効薬」を発見することを警戒しているという。彼が恐れているのは、過去の例で言えば、2009年シーズンにブラウンGPが持ち込んだダブルディフューザーのようなアイデアだ。

1994年 ベネトンでチャンピオンを獲得したミハエル・シューマッハー

 来年から、幅の広い前後ウイングやワイドなタイヤの導入を始めとしてルールが大きく変わり、コーナリングスピードとラップタイムは劇的に向上するものと予想されている。このような時期には、チーム間の序列がそれまでとは変わる可能性があり、2位以下のチームにとってはチャンスと言える。

 ブラウンGPは、2009年にいわゆるダブルディフューザーを開発してシーズンを席巻し、ドライバーズ、コンストラクターズの両選手権を制した後、チームをメルセデスに売却した。

「レギュレーション変更は、すべてのチームに平等な機会を提供し、誰も予想しなかったような開発アイテムが生まれる可能性がある」とウォルフは言う。 

「基本的にF1に『特効薬』はないと思っているが、2009年には実際にそうした例があった。ブラウンGPが、他のチームは気づか
なかったアイデアを持ち込み、それを見事に機能させて選手権をリードしたんだ。したがって、来季のクルマの開発では、大事なことを見逃さないように、きわめて慎重にことを進める必要がある」

 2014年に施行されたレギュレーション変更では、それまでのレッドブルに代わって、メルセデスが選手権の支配的勢力となった。その後、メルセデスは2年連続でドライバーズとコンストラクターズのダブルタイトルを獲得し、今年も3連覇に向けて着実に歩を進めている。

 メルセデスが、新しいエンジン規定に最もうまく対応して迎えた2014年シーズンと比べて、来季のルール変更は「また違ったチャレンジになるだろう」と、ウォルフは述べた。

「2014年もきわめて難しいチャレンジではあった。白紙の状態からエンジンの開発を始めながら、ライバルをリードする必要があったからで、幸いなことに私たちはそれをやり遂げた。2017年には、エンジンの性能をさらに高める必要があると同時に、シャシーの変化にも対応しなければならず、少し違った形のチャレンジになる。そこにはチャンスとリスクの両方がある」

「私の知る限り、ルール変更を経たあとも、前年までの支配的な地位を維持できたチームは、過去にひとつもなかった。私たちとしては、とにかく競争力を維持することが最大の目標だ」

 ではここで、過去のルール変更で優位を誇ってきたチームが転落した例を、簡単に振り返ってみよう。


1994年:ウイリアムズが1992年から93年にかけて完成させた、電子制御の「ドライバーエイド」が禁止され、ミハエル・シューマッハーとベネトンがウイリアムズの3年連続ダブルタイトル獲得を阻止した。ウイリアムズは何とかコンストラクターズ選手権を防衛したが、それはベネトンの2台目が年間でわずか11ポイントしか獲れなかったことによるところが大きい。


2005年:この年からピットストップでのタイヤ交換が禁止され、前年まで無敵だったフェラーリ/ブリヂストンのコンビが大きくつまずいた。選手権王者のシューマッハーはついに1勝しかあげられず、それもミシュラン勢が撤退し、わずか6台で争われたインディアナポリスでのアメリカGPでの「勝利」だった。この年、ミシュランを履くルノーのフェルナンド・アロンソが、初の世界タイトルを獲得した。


2009年:ほぼ独占的な「二強」として、2007~08年のタイトル争いを繰り広げてきたマクラーレンとフェラーリが、ダブルディフューザーを擁したブラウンとそれを追うレッドブルに取って代わられた。前年までのトップ2は、ブラウン、レッドブルに大きく引き離されて、3位と4位でコンストラクターズ選手権を終えた。


2014年:4年連続で選手権を制覇してきたセバスチャン・ベッテルとレッドブルが、王座から転落した。彼らにエンジンを供給するルノーが、新エンジン規定への対応で遅れを取ったためだった。この年、彼らを出し抜いてシーズンを支配したメルセデスは、それから2年半を経た現在もフィールドの頂点に君臨している。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月19日(金)18時24分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]