ここから本文です

カニエ・ウェストが3日間限定ショップを世界21都市でオープン

Billboard Japan 8月19日(金)18時25分配信

 カニエ・ウェストが今週末、『Life of Pablo』関連商品を扱う期間限定ショップを世界各所に21店舗オープンさせる予定であることが明らかになった。

 ウェストは既にニューヨーク、ロサンゼルス、パリで開いた限定ショップで自身の商品を売り大成功を収めている。店には長蛇の列ができ、本人いわく、ニューヨークでは週末の2日間で100万ドル(約1億円)以上も売り上げたとしているのだ。

 ヴォーグ誌の報道によると、これらの新しいショップは3日間限定で開かれるといい、それぞれの都市ではウェストの現在のコレクションのほとんどで見られるCali Thornhill DeWittの活字体で各都市名が書かれたカスタム・シャツが用意されるそうだ。各地の正確な場所は、各ショップがオープンする24時間前にkanyewest.comで発表されるとのこと。ショップが開かれる都市はシンガポール、アムステルダム、ケープタウン、トロント、メルボルン、アトランタなどだ。

最終更新:8月19日(金)18時25分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。