ここから本文です

馬場ふみか 色気溢れる“伊勢佐木町ニューブルース”MV出演&ボーカル初挑戦

Billboard Japan 8/19(金) 18:25配信

 演劇のように作品ごとにテーマを掲げ、メンバー編成を変える遊牧型音楽チーム・ゴッホの休日。横浜の繁華街・伊勢佐木町を舞台に男女の色恋を描いたムード歌謡「SHADoW」の楽曲とミュージックビデオ(https://youtu.be/pgz4CKPqK_Y)を公開した。

馬場ふみか 色気溢れるMVカット一覧

 1968年に発売され、一世を風靡した青江三奈楽曲「伊勢佐木町ブルース」から約半世紀が経った今、当時の華やかで活気に溢れていた伊勢佐木町、今だからこその哀愁と色気を新たに楽曲として表現しようと、横浜出身のメンバーを集い、伊勢佐木町の今を謡う“伊勢佐木町ニューブルース”を完成させた。現在の伊勢佐木町を舞台に、街の哀愁と色気を男女の末路に重ねて“会えない”2人を描いている。

 今楽曲ではゲストボーカルとして、女優でありながらモデルやグラビアなど幅広く活躍する馬場ふみかを起用。21歳という若さながら思わず惹き込まれてしまう妖艶な魅力がボーカルにも宿り、楽曲を彩る。なお、彼女は今回が初のボーカル出演。そして伊勢佐木町をロケ地としたミュージックビデオにも主演として参加している。伊勢佐木町のスナックで働くミステリアスな女性役を務める彼女と、ドラマ仕立てのストーリー展開にぜひ注目してほしい。

 「SHADoW」特設サイトでは「SHADoW」の楽曲及びミュージックビデオの他、伊勢佐木町の街並みを歩く馬場ふみかのスナップ写真や、ロケ地情報なども掲載している。

最終更新:8/19(金) 18:25

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]