ここから本文です

『ブレードランナー』続編、豪華キャスト陣にジャレッド・レトが仲間入り

クランクイン! 8月19日(金)11時11分配信

 映画『ダラス・バイヤーズクラブ』(14)でオスカーを手にした俳優ジャレッド・レトが、7月にクランクインすると伝えられていたハリソン・フォード主演の近未来SF『ブレードランナー』続編に出演することが決まったという。DeadlineやEntertainment Weeklyなどの海外メディアが伝えた。

【関連】「ジャレッド・レト」フォトギャラリー


 1982年の1作目から35年となる2017年に公開が予定されている『ブレードランナー』続編。人造人間のレプリカントを捕獲する賞金稼ぎのブレードランナー、リック・デッカードを演じるハリソンのほか、映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(16)の俳優ライアン・ゴズリング、海外ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』の女優ロビン・ライト、映画『オデッセイ』(16)の女優マッケンジー・デイビス、映画『ノック・ノック』(16)の女優アナ・デ・アルマスらの出演が決まっている。

 タイトル未定の続編は1作目の出来事から数十年後が舞台になること以外、詳細は明らかになっていない。現時点で新たにキャスト入りしたジャレッドを含めて、ハリソン以外のキャストの役柄は不明だ。製作のアルコン・エンタテインメントのアンドリュー・A・コソーヴとブロデリック・ジョンソンいわく、ジャレッドは「確実に記憶に残る、これまでに登場したことのないキャラクター」を演じるとのことだ。

 監督は映画『ボーダーライン』(16)のドゥニ・ヴィルヌーヴ。1作目の脚本家ハンプトン・ファンチャーと映画『グリーン・ランタン』(11)のマイケル・グリーンが、続編の脚本を執筆した。『ブレードランナー』続編は2017年10月6日より全米公開予定。

最終更新:8月19日(金)11時11分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。