ここから本文です

【高校野球】2000年以降で夏の甲子園4強入りが多い学校は?

ベースボールキング 8/19(金) 8:00配信

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は18日に準々決勝4試合が行われ、秀岳館(熊本)、明徳義塾(高知)、北海(北海道)、作新学院(栃木)の4校が4強入りを決めた。今年を含め2000年以降、夏の甲子園で4強入りが多い学校を見ていきたい。

 最も多くベスト4入りを果たしているのが、大阪桐蔭(大阪)の4度だ。エース・辻内崇伸(元巨人)、4番・平田良介(現中日)を擁した05年夏は、準決勝で駒大苫小牧に敗れたが4強入り。08年、12年、14年は全国制覇を成し遂げている。特にエース・藤浪晋太郎(現阪神)、2年生の森友哉(現西武)がバッテリーを組み臨んだ12年は、史上7校目となる春夏連覇を達成した。

 次いで3度は光星学院(青森)、智弁和歌山(和歌山)、明徳義塾(高知)、駒大苫小牧(北海道)の4校。18日の準々決勝第2試合、鳴門(徳島)に3-0で勝利した明徳義塾は、00年、12年、そして今年、4強入りを果たしている。

【2000年以降夏の甲子園、4強入りが3度以上ある学校】
大阪桐蔭 4度(05、08、12、14年)
光星学院 3度(00、11、12年)
智弁和歌山 3度(00、02、06年)
明徳義塾 3度(02、12、16年)
駒大苫小牧 3度(04、05、06年)

BASEBALL KING

最終更新:8/19(金) 8:35

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。