ここから本文です

コンビニ強盗未遂、犯人逃走

紀伊民報 8月19日(金)16時34分配信

 19日午前2時57分ごろ、和歌山県印南町西ノ地のコンビニエンスストア「ファミリーマート切目口店」に刃物を持った男が押し入り、店員に現金を要求したが、店員が抵抗したため、男は国道42号を田辺方面に徒歩で逃走した。店内に客はなく店員にけがはない。被害もなかった。御坊署は強盗未遂事件として捜査している。

 同署によると、事件発生当時、60代の男性店員が1人で勤務していた。男はカウンター内にいた店員に刃物を突きつけて「お金をください」と要求したが、店員はカウンター内に置いていた金属製の清掃用具で刃物をたたき落として抵抗。男は刃物を拾い逃走した。

 男は20歳前後、身長約170センチで体形は中肉。フード付きの茶色いパーカーと黒いズボン、黒っぽい手袋を着用し、パンストで顔を隠していた。所持していた刃物は刃渡り10~15センチの果物ナイフとみられる。

■登校日の中止も 

 強盗未遂事件を受け、この日が登校日だった印南町内の4小中学校のうち、印南小、清流小、稲原中の3校が登校を中止にした。

 残る切目小学校は、地域住民や警察官が見守りや見回りする中、児童らは登校した。

最終更新:8月19日(金)16時34分

紀伊民報