ここから本文です

ポグバ退団を冷静に受け止めるブッフォン、近況は「SNSでフォローしている」

SOCCER KING 8月19日(金)13時17分配信

 ユヴェントスに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、今夏同クラブを退団してマンチェスター・Uに復帰したフランス代表MFポール・ポグバの近況をSNSで確認していると明らかにした。イギリス紙『エクスプレス』が18日付で伝えている。

 歴代最高額の移籍金1億500万ユーロ(約119億円)でユヴェントスからマンチェスター・Uに移籍したポグバだが、ユヴェントスを退団する際、チームメイトたちに別れの挨拶をすることは特になかったようだ。

 ブッフォンは、今夏にレアル・マドリードへ復帰したスペイン代表FWアルバロ・モラタにも言及しながら、「モラタとは最後に話すことができたし、メッセージのやり取りもする。シモーネ・ザザを通してコンタクトをすることもあるし、彼らもよく話しているようだよ。ポール(ポグバ)はSNS上でフォローするのが楽だから、彼の近況は知っている」とコメント。ポグバが頻繁にツイッターやインスタグラムを更新することもあり、SNSを通して近況を知ることができているようだ。

 そして、「最後の日、彼は並外れた怪童、非凡のチャンピオン、桁外れのキャリアを求める者としてここを去っていったように思う。時折、クラブは不可避の変化を経験しなければならない。この数年間は彼ら二人のおかげで本当に助かったし、彼らの幸運を祈っているよ」と続けたブッフォン。

 ユヴェントスに15年間在籍する同選手にとって、選手の入れ替わりはこれまで多く経験してきたことであり、ポグバやモラタの退団も冷静に受け止めている。

SOCCER KING

最終更新:8月19日(金)13時17分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。