ここから本文です

【予想スタメン】注目の“阪神ダービー”、キラー不在も好要素の多いG大阪がやや優位

SOCCER KING 8/19(金) 20:20配信

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第9節
8月20日 19:00 ガンバ大阪 vs ヴィッセル神戸(@市立吹田サッカースタジアム)

■ガンバ大阪 前節で今季初のリーグ戦3連勝、途中出場の選手がカギを握るか

「現時点でのベスト布陣(長谷川健太監督)」で臨んだ前節のジュビロ磐田戦は良い入りをみせた中で前半こそスコアレスで折り返したものの、57分にアデミウソンが技ありのゴールで先制すると、遠藤保仁に代えて長沢駿を投入して勝負に出たG大阪は、その長沢が途中出場の堂安律のアシストを受けて加点。無失点に抑えながら、きっちりと相手を突き放す追加点を奪って2-0と勝利をものにし、今季J1リーグ戦では初の3連勝を飾った。

 中でも特筆すべきは途中出場でピッチに立った選手たちの勢いだ。鳥栖戦も途中出場の長沢が後半アディショナルタイムにゴールを決めて勝利を引き寄せたが、その長沢はもちろん、アシストを決めた堂安がここにきてようやく輝きを示し始めたのも嬉しいプラス材料。16日からリオ五輪出場組の2人もチームに合流したことを含めても、より層の厚さをもって2ndステージの後半戦に立ち向かっていけそうだ。

 その五輪組は特に離脱することなくトレーニングに取り組んでいるが、コンディション的にはハードな戦いや移動の疲れも顕著で、トップコンディションではなさそう。長谷川監督は「二人の状態を見る限り、起用できる状態にはありますが、既存の選手たちとしっかり競争してポジションを奪ってもらいたい」とコメント。それを踏まえ、またここ3試合は3連勝と攻守に安定した戦いをしていることからスタメンは前節と同じ顔ぶれで予想した。その中で1stステージは完敗した神戸から勝ち点3を奪えるかに注目したい。(totoONE編集部)

■ヴィッセル神戸 助っ人外国人が絶好調、DF2人の欠場は大きな痛手

 前節のFC東京戦で前田遼一にJ1通算150得点のメモリアルゴールを決められた神戸。だが、後半には渡邉千真、レアンドロ、ニウトン、ペドロ・ジュニオールが得点し、終わってみれば4-1の快勝。課題だった複数得点での勝利もクリアし、上昇気流に乗りつつある。

 良い状態で迎えるG大阪との“阪神ダービー”。神戸が誇るブラジル人トライアングルが好調なだけに、2ndステージ初の連勝で一気に上位争いに食い込みたいところだ。

 とはいえ、今節は守備陣に不安材料を抱えている。伊野波雅彦が警告累積による出場停止で、好調を続けていた北本久仁衛が前節のFC東京戦で右頬骨を骨折して欠場濃厚。リオ五輪から若きディフェンスリーダーの岩波拓也が戻り、高橋祥平のコンディションが上がってきているとはいえ、一気に2枚とも代えるのはリスキー。FC東京戦の前半は3ボランチシステムが機能せずにハイプレスがハマらなかっただけに、センターバック2枚代えに不安がないと言えばウソになるだろう。

 逆にプラス材料はG大阪の“神戸キラー”宇佐美貴史が移籍している点。1stステージの対戦で宇佐美が不発だったため、すでにキラー感は薄れていたとはいえ、彼の存在感は大きかった。ボランチの井手口陽介と左サイドバックの藤春廣輝がリオ五輪から戻るなどG大阪にとってのプラス材料は多いが、神戸も岩波の帰還で後方からのビルドアップ力は増すはず。攻撃陣は好調、守備陣の出来が勝敗を分けそうだ。(totoONE編集部)

SOCCER KING

最終更新:8/19(金) 21:11

SOCCER KING