ここから本文です

6月に引退したリーセ、インドで現役復帰! 説得したのは元イタリア代表DF

SOCCER KING 8月19日(金)17時13分配信

 今年6月に現役からの引退を表明していた元ノルウェー代表DFヨン・アルネ・リーセ。

 それから2カ月を経て、現役へ復帰することが決まったようだ。インドのチェンナイインが、マーキープレイヤー(サラリーキャップの制限を受けない選手)として契約を結んだと公式に発表したのだ。

 リーセは2015年にも同じくインドのデリー・ダイナモスでプレーした経験がある。なお、チェンナイインを率いるのは元イタリア代表DFのマルコ・マテラッツィ監督だ。

 現役復帰が決まったリーセは、決断に至った理由などを次のように説明している。

「去る6月にフットボールを休むことを決めたけれど、常に復帰へのドアは開かれていたんだ。そして、マルコ(マテラッツィ)と話した後に再びハードワークするためのモチベーションを見つけることができた。マルコとチェンナイインのオーナーが信頼してくれたことに感謝したい」

「特にマルコは僕の決断に大きな影響をもたらした。彼のもとでプレーできるチャンスを得ることができて光栄に思う。彼の近くで働くことは、指導者としての将来のキャリアに向けて素晴らしい経験となるだろう。昨年、インドではとても面白い経験ができた。でも今年はより準備ができているし、より興奮もしている。チェンナイインとともに取り組むこと、そしてトロフィーの獲得に貢献することが待ちきれないよ」

(記事提供:Qoly)

SOCCER KING

最終更新:8月19日(金)17時13分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。